2007年12月31日

良いお年をお迎えください。

今年も、今日で最後ですね。

昨日から徹夜の出稼ぎ?で、かなりねぶたいです。

できるだけ、いつもお世話になっているブロガーさんを訪問させていただき、挨拶をと思っていますが、ねぶたさで思考回路が時々フリーズします。

挨拶のコメントができなくて、失礼いたしております。
申し訳ございません。

年末になって天候も崩れ、雪も振っています。
足元も悪くなりますから、初詣と年始の挨拶には、お気をつけてくださいね。


今までの人生で、一番想いでが多かった一年でした。

皆さま、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

私事ですが、来年からちょっと忙しくなりそうです。
自身のブログの更新や、皆さまのブログへのご訪問が減ると思います。
見捨てずに、時々覗いてやってください。

みなさまにとって、より良い年になりますように。

私は年男になります。
飛躍できるように頑張ってまいります。

続きを読む
posted by やんじ at 17:19| 広島 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

とりあえずご挨拶を

明日は、助太刀のためブログの更新も、他の人のブログも読めません。
今年の総括をされている人や、帰省とか会社が休みになり、
今年のブログをお休みされる人もいらっしゃいます。


私にとって、今年は想いで多い年になりました。

広島ブログに参加して本当に良かったなと思えた年です。

たくさんのブロガーさんとも出会うことができました。
自分にとって、とても良い財産が増えました。


自分自身の心の問題、仕事の問題と波乱多き一年でした。

特に夏の参議院選挙では、人生で一番良い経験ができました。
普通に生活していたら出会うことはない人達とも出会えました。
これもブログを通じてです。

人との良い出会いは、どんなものより最高に良いことです。

ブログとバイクで、たくさんの人と出会うことができました。
たくさんの人と出会うことは、たくさんの人生に出会うことです。

そして、たくさんの人生に出会うことは、経験でき無いことを教えていただけることです。

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、

千冊の本より10の出会いの方が、人生を豊かにしてくれると思います。

みなさま、本当にありがとうございました。

私なんかでも、温かく迎えていただき、とても感謝しています。



新年には、私は違う形の出会いがまた増えると思います。
人生の新たな挑戦の年になります。


年末は、天候が崩れます。
事故や病気にはお気をつけてください。

良い年をお迎えください。

多くに人に、幸多き年になりますように。

ありがとうございました。



31日も更新予定です。


しんちゃんも良い年になりますように。
ExD0ABKL.jpg



posted by やんじ at 21:15| 広島 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘い香りに誘われて、福もらいに

年末になって、風邪をひき薬にお世話になっている毎日です。

薬を飲んでいるときには、珈琲はどうしようかと悩みます。
カフェインと薬の関係が、どうのこうのとはまったく知らない。
でも、ちょっと控えめになります。

そんなときには、カフェインレス(カフェインがほとんど入っていない)の珈琲がいいですね。

珈琲を飲むと寝れない人でも、夕食の後にスイーツのおともとして、
飲めるカフェインレス・コーヒー


疲れているときには、甘いものがいいですね。

甘い香りのする、キャラメル・フレーバー・コーヒー

2712299.jpg


この珈琲は、もちろん深川珈琲ですね。
   こちら→http://www.fukagawacoffee.com/

今年もあと少しです。
年末の厄落としには、
七福神の大黒様と恵比寿様のようなご夫婦のほっぺをつつきに行きましょう。


年始の挨拶の手土産の年賀の準備はお済でしょうか?
気軽に持って行けるのが珈琲ですね。

31日まで営業されているみたいです。
三姉妹の正月の雑煮のお餅代を稼ぐそうです(笑)

混んでるソレイユから、癒される深川珈琲に行って。
可愛い三姉妹にお餅を食べさせてあげましょうね。

夕方には、たまご王国のくんちゃんさんも来店されるみたいです。


美味しい珈琲と美味しいたまごで、新年を迎えますよ!!!
3ouBD6j5.jpg








posted by やんじ at 11:09| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

頑張れ、武田奈也

2007全日本フィギアスケート選手権の女子フリー

昨年のジュニアの大会で、可愛い笑顔でファンになった選手です。

こちらの記事です。
http://y-yanji.seesaa.net/article/28335770.html


今回の優勝は、浅田真央


当然敵いはしないけど、頑張って欲しいですね。

今年もあと少し。
喉が痛くって、喉からの風邪なのかも?

明日から、忙しくなるのに早く体調を戻さねば。

頼りにされているのだから、期待に応えねば!

巻寿司600本以上に、おせちは20個以上、
オードブルに刺身の盛合せ!


あと少し、ガンバロー
ExD0ABKL.jpg




ちなみに、こちらは昨年のです。

oudoburu1812.jpg

osechi18121.jpg

061230_2048~0001.jpg

posted by やんじ at 21:44| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 何気ないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

よそ事ではない、核戦略

岩国市長が辞任しました。

自分の政治信念と住民のために。

岩国の市議会は、補助金のために住民を見捨てたのかも。

市の経済や福祉の発展に、国に頼るのでなく、知恵を使えないのだろうか?

岩国基地の問題は、対岸の火事ではなく、他の地方の、遠い国の話でなく、広島にも大きく関ることです。

先日も、広島市内の上空を戦闘機が飛来しました。

でも、アメリカ軍は隠しています。
真実を、ちゃんと話そうとしません。

アメリカの空母は全て核戦略において、重要な地位にあります。
大陸弾道の長距離核ミサイルより早く、相手にたいしていち早く核攻撃ができるからです。
それが岩国に来るのです。
その艦載機が核武装をしていない保障はありませんし、
むしろ核武装された艦載機が岩国に飛来してもおかしくは無いです。

岩国基地には、核保管の施設があるようですから。

先日の広島の上空を飛来した飛行機が核武装をしていなかったということはないかもしれません。

戦後60数年経って、また広島の空を核武装した飛行機が飛ぶのです。
決して許されないことです。

被爆者の方は、多くの病気を抱えて高齢になり、どんどん少なくなります。
先日も被爆者である友人の母は、長い闘病生活のすえ亡くなりました。

被爆者が少なくなると、核の悪が薄れていってしまうようです。
そんなことでは、いけません。



アメリカの核攻撃には、正当性はまったくないことは、アメリカの学者も言っています。
正当性を言うのは、軍人と政治家だけです。


アメリカは、世界の警察と言っていますが、
その実態は、広域暴力団です。

自分言うことを聞かない国には、平気で軍隊を使って暴力をふるいます。
甘い汁のない、アフリカの国々は見捨てています。

民主党のなかには、アメリカ軍を支持する人も多くいます。
核戦略も賛成する人も。

当然自民党は、まったくダメです。

一番最悪な議員は、民主党にいる旧社会党の議員です。
あれだけ核を反対し、広島の非核の声を、政治的に分断してまでも、
政治に利用した社会党です。
なのに今は、自己利益のためだけの議員です。
政治理念がない議員は、最悪です。

岩国市の問題かもしれません。
でも、広島にも大きく影響することです。
また、アメリカ軍の世界悪にも加担する問題です。

広島の反核団体ももっと大きな声で訴えるべきではないでしょうか?

もし、広島には関係ないというのなら、広島の上空を飛来させないということに責任をもってもらわなければいけません。

また、アメリカ軍人によって被害に会った人達に対して、岩国市は責任をとってもらわなければいけません。


世界遺産であり、日本の文化、広島の誇りである宮島を、
人殺しの平気で蹂躪する行為は許せません。

アメリカ軍に加担する岩国市は、人類史上最多の無差別殺人軍を容認してそのために補助金を貰うことは、血が滲みたお金であることを理解してもらいたいですね。

そして、アメリカ軍を容認することは、多くの無実の人を殺すのを手伝っている事実を知るべきです。

自分たちの市を潤すために、何の努力もせずに、人殺しの分け前を貰おうなって最悪です。

岩国市は、「アメリカ軍が人を殺しただけ潤う街」になりたいみたいです。



広島ブログ
posted by やんじ at 21:21| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

気持ちの伝染病

良いものなら、うつってもいいのだけど、

緊張している気持ちは、うつって欲しくないですね。



自分には、まったく関係ないのに、

百人近くの人が緊張している場所に、一緒にいると、

なんだか、緊張しているわけでもないのに、
胃が痛みます。

喜びや楽しい気持ちなら、幾らでも伝染して欲しいですね。


冬休みだから、試験を受けに来る人が多いですね。

若い人が多いから、クリスマスには勉強をしていなかったのでしょ。
たくさん落ちていました。

試験に合格したら、運動機能のチェックがあるのに、
なんとも言えない格好です。

学校では、受かりやすいのかもしれませんが、
ここは最後の砦、

意識の低い人やなめている人、勉強もまともにしない人は、
どしどしと落としてください。

そうじゃないと、社会悪が増えます。


学校が休みになると、免許センターはラッシュです。

道路の財源は、ここの印紙代でまかないましょう。
試験を厳しくして、どんどん稼いでくださいね。



免許を取ったら、交通ルールは守らない、
自分勝手な運転をする人は、どしどし落として欲しいと思われたら、
ポチしてくださいね。
広島ブログ



福岡で3人の子供を飲酒運転で殺してひき逃げし、
飲酒をごまかすために水を飲んだ奴には、極刑を望みます。
ひき逃げには、もっと重い罪を!
山の中でひき逃げされたら、今の時期は軽い怪我でも凍死します。
ひき逃げは、殺人未遂や殺人と同じだと思います。


posted by やんじ at 18:30| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 何気ないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

メリー・クリスマス


  すべての人に幸福がありますように


WOAh9ghR.jpg





ビング・クロスビーのホワイトクリスマス






山下達郎のクリスマス・イブ






恋人がサンタクロース(私をスキーにつれてって)





Mariah Carey-All i want for christmas is you





Ave Maria














2712241.jpg
楽しいクリスマスでしょうか
幸多き日々を過せますように




posted by やんじ at 01:47| 広島 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

薬害と公害

福田首相が、法案を作り薬害肝炎被害者の、一律救済をするとのニュースがあった。

行政の間違いを、行政の長が責任をもって対応するのは当たり前である。

また、首相という立場は、行政にも立法にも関りのある立場、
司法任せにせずに、自らが法案を作って決断するのも当たり前なこと。

本当なら、政府判断の前に民主党がすべきことなのに、
それができない民主党には、政権を担って欲しくはない。

誰かを責めることの前に、救うべき命があることが理解できていないから。



今回の首相の決断に、天皇のお言葉があると思う。


今日は、天皇誕生日。


昭和天皇は、自らの責任で不幸な戦争を招いたとことで、
戦後、政府や政治に対して、遠回りに意見を述べられていた。
それをみて育った平成天皇も、また同じようにしていると思う。


天皇のお言葉の中に、

「公害で被害を受けた人々を考えるとき、当時は安全の問題が十分理解されず、被害者を苦しめてきたことが思い起こされます。事態が少しでも早く知らされていたならば、被害を受けないで済んだ人も多かったのではないかと返す返す残念に思っています。」

まさに、薬害の被害者に対しての言葉だと思う。

天皇は、国の象徴でしかないが、
自らの誕生日にあたって、薬害に触れなければならないほど、
国の政府の対応は、間違っていると伝えなければと思われたのだろう。

国は、国民の命を犠牲にしてはいけない。
それは、戦争であっても、行政のミスであっても。
国に間違いがあってそれで国民が犠牲になたなら、救うべきであると。それが国の責任であると。


国は、国民の命をまもるために、無限の責任を負っていることを、
忘れてはいけないと思う。
その責任には、範囲を儲けることはできないのだから。



WOAh9ghR.jpg



posted by やんじ at 11:30| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

一番短い昼

今日は、冬至です。

一年で一番短く太陽が出ている日です。
あいにくの雨で、太陽は見えません。
ですから、より短く感じるかもしれませんね。

昨日から、腹痛と吐き気の症状のある風邪で、少しダウンしていますが、早めに薬を飲んだから、酷くならないとは思います。

昨日と今日は、忘年会のピークかもしれませんね。
また、クリスマスのプレゼントで多くのお店は賑わっているでしょうね。
また、早いところでは既にクリスマス会の催されていうことでしょう。クリスマスのオフ会もあるのでしょうね。

世間では、良い一年じゃなかったですが、
広島ブログの中ではとても良い一年でした。
多くの人と知り合えましたからね。

クリスマスは、ケーキとチキンを食べるだけで終わりそうです。
みかぼんさんのところのクリスマスにも行ってみたいとも思っていますが、本物のクリスマスイブをね。
でも、知り合いがいないのでどうしようかと・・・・・・

誰か一緒に行かれる人がいればとは思いますが、
無理でしょうからね。
キリスト教徒でない人でも、日本では大切な日ですからね。



今日を最後に、明日からは太陽の陽がさす時間が増えてきます。
私にとっては、名前に関係するから自身にもいいことが増えていくことを望んでいます。



WOAh9ghR.jpg





posted by やんじ at 12:13| 広島 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

立場って?

昨夜の報道番組で、薬害肝炎訴訟について、
星野仙一が、「それぞれの立場があるから難しい」と言っていた。

普通の事柄なら、それぞれの立場には利害があり同じ条件での解決は難しいだろう。

でも、今回のは「被害者と加害者」という、
もし加害者が国でなければ、行政でなければ、刑事事件として取り扱われてもいい訴訟じゃないだろうか?

首相の立場、
厚生労働大臣の立場、
厚生労働省の立場、
法務省の立場、
官僚の立場、

すべて国民を守るべき立場でしかないと思う。

厚生労働省は、全員を認めると、次から次へと現れ、
そのために1兆円かかるといっているらしい。
その根拠はなんだろう?
もしかしたら、のっとわかっているのだけで隠しているということだろうか?

1兆円という数字だけを聴いて、腰が引けたのだろうか?
首相は。情けない。

官僚の自分たちに都合の良い数字を作り出し、
今まで何度も国民は苦しまされている。

法務省は、他の訴訟に影響するからとか。
ならば、この司法判断は、他の裁判のために利用された和解案でしかない。
この和解案は、いろいろな地裁で判決になった責任期間で短いほうから2番目。
一番長い判決を使うと、ほとんどの人が救済されるとか。

長い司法判断が下されているのなら、躊躇することなく首相は全員救済をしても、司法の判断を侵害しないのではないだろうか?

福田首相に、国を守るとか国民を守るとかの気持ちはないのだろう。
自分の意見や考え方をもって、正々堂々と首相になった人物じゃないのだから。
父は、立派だったかもしれない。
2代目が会社をつぶすように、この国をつぶすつもりなのだろうか?

舛添も自民党らしい大臣でしかなかった。
年金を不正にした人を訴えるというのなら、
国民の命を奪っう薬害を引き起こした官僚と、なぜ戦わない。

製薬会社と官僚の癒着によって、
国民の命が犠牲になり、
薬事行政で、防衛庁にも負けないぐらいの過大な利益を製薬会社に与えて、足りないといって健康保険税や医療負担を上げているのではないだろうか?


広島ブログ

posted by やんじ at 22:18| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

町村は政治家を、菅は議員を辞めて欲しい

司法の立場ってなんですか?

司法の判断をそんなに尊重するのなら、
訴えられた国は上告をやめなければいけないのでは?

司法も、行政も、立法の国民に対しての権利はないのですよ。

国民の生命、財産を守る義務しかないのですよ。

司法にも、行政にも、立法にも立場って無いんじゃないでしょうか?

お金が必要なら、アメリカのために使っているお金を使えばいい、
十分に足りる。
国民の命を完全に守って、その次がアメリカのためではないか。
アメリカには、何も正義がないのだから。

もし、司法が患者を全て救うと判断したら、従うのだろうか?
決してそうじゃないだろう。

東京地裁の判決は、既に両方に拒否された判決。
拒否をしておきながら、今回は従うのは、
もっとやましいことがあるからだろう。

菅も「国の責任を追求する」とか言っている。
まったくの論外のこと。
国の責任があることは決まっている。
どう救済するかの問題なのだから。

司法の判断が間違っていると、本当に思っているのなら、
行政に行為が間違っていると、本当に思っているのなら、
立法府にいる議員が、法律をつくればいいだけじゃないだろうか。

行政も立法も、自分たちはなにもせずに、司法に投げ出している。
司法が判断をする前に、行政は自分たちの間違いをその責任において解決すべきだと思う。
行政が、きっちりと責任が取れないのであれば、立法で法を作成し国民を救う義務があると思う。

アメリカが基地を作れといった。
その前に国民を救うためのお金がいる、
ならば、アメリカの要求を後回しにする。
独立国なら、当然の対応だと思う。
posted by やんじ at 23:44| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違っている司法判断

肝炎訴訟の和解が決裂するとのこと。

誰がどう見ても、肝炎被害者の言い分の方が、正しい。

この和解案をだした裁判官は、その資格は無いと思う。
とても無能に感じてしまう。

東京地裁の判決を骨子にしているが、
それは間違っている。

この判決を使いたいのは、裁判所のエゴでしかない。
自分たちの判定が正しいと、自己主張しているとし思えない。

東京地裁の判決は、容認できないから
肝炎被害者も罪人である国は上告したのではないか。

だったら、この判決では解決にはならないことは決まっている。
上告した国が、この判決の骨子からの和解案を受け入れるということは、上告が間違っていたとなるのではないだろうか?


また、東京地裁の判決材料には、国と製薬会社が隠匿していた被害者の調査は含まれていないのではないだろうか?
新しい証拠がでたのだから、この判決を流用するのはおかしい。

マスコミも、この隠匿を責めない。
裁判が行なわれていているのに、
厚生労働省の職員は何も知らずに倉庫に証拠を納めていて忘れていたといことなどありえない。
もしそうなら、とても無能な職員なのだから、国家公務員としての資格を剥奪するようなことだと思う。


政府もマスコミも、司法判断がどうのこうのと言っているが、
この司法判断は、間違っている。

今までの裁判では、正確な被害状況を被害者に示せといっていたと思う。加害者が証拠を隠しておいて。

東京地裁の判決には、この隠された被害状況は含まれていないのじゃないだろうか。
投与した期間とかは、上告された前の判決での証拠なのだから、

新たな被害状況も判断材料に入れて、国が認可した血液製剤で被害にあった人を全て救済するのが、和解案の骨子になるべきじゃないだろうか?

不当な和解案を作った裁判官は、出世したいから国に偏った案を作った思えるのは、私だけなのだろうか?

被害者を救うべき予算は、防衛省が国から騙し取った金額を数年さかのぼって返済させれば、十分にまかなえると思う。

司法判断のせいにして、被害者を救おうとしない全ての政党の議員に、国民の命を託してもいいのだろうか?

司法判断に意をとなえないマスコミや法律関係の人達に、存在理由があるのだろうか?

この和解案は、根本的に間違っていると思う。

posted by やんじ at 21:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

推定と確率

推定・・・・何らかの理論は使うのだろうけど、だいたいこのくらい。
確率・・・・いかにも正解のようだけど、もしかしたらなるだろう。

「推定」×「確率」=「不確定」
「だいたい」×「もしかしたら」=「わけがわからない」



推定被爆線量からの「原因確率」


原爆症の認定に使われる根拠。

被爆線量は、全てが解明されたわけでなく、被爆した場所の条件によって、爆心地から同じ距離であっても違う可能性がある。
だから、だいたいこのくらいの被爆だったんじゃないかという、
不確定要素の多い、推測値。

その推測値から被爆線量を考え、その影響で病気を発症する程度を考える。
でも、被爆線量と病気の関係を正確に現すものがない。
被爆者の健康被害から判断するのだろうけど、経験しかない。

被爆者の癌の発症割合は、そうじゃない人より多いのは確かである。


推定とか確率は、学者が自分の考えに根拠らしきものをこじつけるときに用いる言葉だと思う。
断定できない、正確に判断できないときに、もっともらしい数字を並べるときに使われる。

推定と確率から生まれた数字をもって、判断基準を決めるのは間違っていると思う。
また、推定と確率から数字を作った人が、物事を決めるのは間違っていると思う。
そうじゃない人が、その数字を受け入れるかどうかだろう。

すぐ目の前にある命を救う問題なのだから。
未来にあるかもしれない物事を判断するんじゃないのだから。

推定も、確率も、使う条件や数字をほんの少しかえれば、どうにでもなる。それで導かれた数字はウソにはならない。
なぜなら、条件も数字にも幅があるから。

厚生労働省が導き出した数字には、最初にかかる費用が決められ、
それを正解にするための、条件や数字で推定や確率を導きだしているように思える。

国民全ての生命を守ることが、使命なのだから、
学者に創作してもらった数字じゃなく、実情にあった救済をすべきだと思う。

高齢者の被爆者に、どれだけ高額の医療費がかかるというのだろう。
線引きをする必要性があるだけの、国家の財政を破綻させるようなお金がかあkるのだろうか?

随意契約数をちょっと減らせば、まかなえる金額しか必要は無いと思う。

それでも、お金がかかるなら、米軍にまわすお金を削減すれば良いだけである。

どうして、海外にできる米軍の施設に我々の税金を使う必要があるのだろうか?

被爆者は、米軍の無差別大量虐殺の被害者だという真実は確定している。

米軍の被害者である被爆者を切り捨て、
先日広島の上空を飛んだ、米軍機を容認する政府。

核戦略の一員である空母から飛び立った飛行機には、核弾頭ミサイルを搭載できるものもある。

被爆者を切り捨て、また広島の上空に核を持ち込む可能性がある米軍に援助するのは、間違っている。


posted by やんじ at 17:33| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

卒業・・・・・・その後

卒業といえば、ダスティン・ホフマン主演の映画。

sotugyou.JPG

音楽は、サイモン&ガーファンクル

有名なシーンは、教会から大好きな人を略奪して逃げるところです。



こちら→http://www.youtube.com/watch?v=InRRG1tqERo



この映画の、その後があります。





アウディのCMです。

略奪したのは、自分の娘です。

「お父さんありがとう」
「お母さんのときにしてるからね」


映画「卒業」のような恋愛をしてみたいけど、

実際はこんな感じになります。



懐かしい歌です。
学校の合唱大会で、クラスで歌いました。

この歌の意味を理解できたのは、これからずいぶん後ですね。




ExD0ABKL.jpg

2007年12月16日

寒かったけど、ポカポカでした

ツーリングクラブの鍋パーティーでした。

場所は、山の中で屋外です。

昨日、雪が6CMくらい積もった町は一山向こうです。

目的地に近づくと雨から雪になりました。

27121622.jpg

午前中は、小雨が降ったりやんだりで、夕方やっと晴れ間が見えました。

カニ、牡蠣、鮭、鱈、鳥、豚、野菜がたっぷりのお鍋です。

27121621.jpg

このあとは、美味しい雑炊と残ったおき火で焼き芋でした。

27121623.jpg


気の合う仲間と、わいわいガヤガヤと美味しいものを食べると、
寒くっても、体が温まってきます。

寒い日で、一日中お外で遊んでいましたが、
とても楽しいイチニチになりました。

みなさん、ありがとうございました。



良かったねと思ってもらえたら、
3ouBD6j5.jpg

posted by やんじ at 22:45| 広島 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

ずいぶん前の厚生省の医者不足対策

今の医者不足は、急になったわけじゃないと思う。

人口が急激に増えたわけでもないし、
老人医療も、数倍になったわけでもない。

癌患者は増えてはいるが、治療も進んでいる。

大きな病院がたくさんできて、お医者さんがたくさん必要になったわけでもなさそうだし。

十数年前だと思うけど、
当時の厚生省は、将来医者不足になると予想していた。

そのための対策で、何億円という予算を取っていた。

対策の効果は、どうもなさそうだ。

なぜ?かと検証もしていないと思う。

政策や対策をして、そのために莫大な税金を使おうとも、
その結果には、なにもしない。

よく、この開発をすればこの道路を作れば、
○○億円の経済効果があるとして、その計画は進められたが、
実際にどうだったかは、報告を聞いたことはない。

医者不足の対策も、使われた税金はどこにいったのだろうか?
対策をしたのに、いまさら医者不足というのは、なんなんだろうか?

病人が増えた? 増えているだろう。

厚生省も、病人をたくさん作ったのだから、
HIV感染や肝炎感染など。

税金を使って対策をしても、検証をされていないのなら、
無駄銭でしかなくなる。

また、同じことの対策に莫大な税金を使うから、お金は足りなくなる。

そして、一つの検案に、数年後とに税金をつぎ込んで、
そのつぎ込まれた税金は、任意契約とかで政治家や天下り官僚の懐に入るのだろう。

やっていることは大切なことだけど、結果は無駄使いになり、
救われるべき命は、救われず。
国民の命を御旗にした、税金横領システムが構築されていくのだろう。

税金横領システムに使うお金が足りなくなりそうなら、
福祉という御旗を立てた消費税の増税が行なわれるのだろう。

自民党(公明党)税調も、同じ考えの民主党も、
やっぱり税金で、お腹を膨らしたいみたいだ。
posted by やんじ at 22:26| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪きって、美味しいラーメン

久しぶりに、髪のカットに、

高陽の友人の美容院にいきました。

今回は、少し短めに。
寒くなって髪を短めにすると頭から風邪をひきそうすですが、
真面目カットにしなくっては。



今夜の晩御飯は、この帰り道ということに。

開いていればラッキーと思い、
あの中華そばを食べにいきました。

閉店ギリギリで、閉店の準備をされていましたが、
食べさせていただきました。

あの中華そばとは、秘密の名店。

麺は昔ながらの中華麺。

なんといっても、チャーシューが美味しいのです。

普通のチャーシューの2〜2.5倍の厚み。

普通のチャーシューの脂の部分は、ちょっとラードポイけど、
ここのは違います。

分厚いチャーシューを鉄板で焼いています。
だから、脂身がジューシーでその旨味が増しています。

食べ応えたっぷりにチャーシューは、絶品ですね。

スープもとても美味しいです。

値段も安い。400円。
大盛りは、洗面器のような器に入って、500円

なかなか食べにいけないけど、とても美味しい中華そばです。


場所は、・・・・・ひみつです。
posted by やんじ at 22:00| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

おしかったね、赤組

浦和レッズVSACミラン

とても良い試合でしたね。
もしかしたらと思いながら、観戦していました。

浦和レッズの攻撃で、DFからFWへのパスをつなげるのに、
2本目3本目が繋がれば。。。。ゴールになるだろうにと見ていました。

それができない浦和レッズというより、それをさせないACミランはさすがです。

Jリーグでは、ボールの奪い合いで対面したときは、少しぐらいボールが足から離れても大丈夫だけど、ACミランだと、ダメでしたね。

それもボールが足の外側にあると、ほとんど奪われていましたね。
一流の選手は相手と対峙したときには、両足の間にボールをおいてフェイントしてから相手を抜いていますね。

唯一1点取られたときは、その直前のフリーキックのときのお互いの選手の動きで、すでに決まったいたように思う。

ACミランの選手は、ボールを置いた瞬間には既に走り始めていた、
でも浦和レッズの選手は、ボールキック後に動き始めていた。

反則後からボールキックの間のほんのわずかの時間だけど、
浦和レッズの選手は、油断はしてはいなかっただろうが、
ほんのちょっと長い時間息を吐いていしまい、最初の一歩が遅れたのかもしれない。

剣道でも柔道でも、戦う選手は相手の呼吸を読むという。
一流のサッカー選手にはそれがわかるのだろう。

相手のACミランも本気になっていたように感じた。

とても良い試合で、浦和レッズが勝っていてもおかしくは無いと思った。
ほんの僅かの差だなんだろうけど、その差が日本がワールドカップでベスト4に残れない差なのだろう。

サンフレッチェの選手たちは、どう感じたのだろうか?

サンフレの試合では、必ず誰かの足が止まり休んでいる、
でも、今日の試合は止まっている選手は見えなかった。

また、止まってパスを受けていたら、どちらのチームもパスが次へは繋がらない。

サンフレの試合と今日の試合、
小学生の低学年の試合と高校生の国立での試合と同じくらいの差がある。

サンフレの選手は、来シーズンJ2での戦いにはなるが、
今日のような試合ができる道に繋がっていることを忘れずにいて欲しい。
その道を歩むには、自分たち個人々の考えかたでできるのだから。

世界の一流チームと戦う紫組を見たいものです。




posted by やんじ at 23:37| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 何気ないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬害肝炎訴訟和解案は憲法違反ではないか?

和解案では、国の責任の範囲としての期限が切られ、被害になった人達に不平等なことを言っている。
これが裁判官が言うことなのだろうか?
法の下に平等でないし、そもそも憲法違反だと思う。

民間と民間の争いには、法律がもとになって判断される。

でも、相手が国(国家)なら、法律だけではいけないのでは?
国の政策(行政)が憲法に違反していないかも重要なことだと思う。


憲法は、この国で生きている人にたいして与えられた権利と義務だと思う。またそれは国の存続方法だと思う。

この国で生きるのであれば、憲法に書かれている権利を求めることができ、義務をはたす必要がある。

しかし、国の権利は国民に対して、憲法には書かれていないのではないだろうか。

国は、憲法に書かれている国民の権利を守り遂行する義務だけしかないと思う。

国の政策(行政)で、国民の命が失われたり危機にあわされたなら、
国は、国民にたいして無限の責任があると思う。

憲法には、義務の範囲とか期限などはないのだから。

薬害は、国の間違った行政で国民の命が奪われ危険にさらされている。
このために国民は、生存権もこの国で幸せに生きる権利も侵されている。
国は、国民の権利を侵害しているのだから、侵害された国民に対して謝罪と救済をする義務がある。
憲法に違反している行政が行なわれたのだから、被害にあった国民を差別して救うような方法は間違っている。

国の間違った政策は、法律違反だけで判断されるべきでなく、
そのために国民の憲法で保障された権利を損なっているのなら、
憲法違反になることも重要なことだと思う。

今回の和解案は、行政に加担して三権分立を台無しにする案だと思う。

全ての法律は、憲法に上に成り立っているのだから、
憲法違反は、法律に書かれていることは重要でないと思う。


posted by やんじ at 18:51| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦岬は見えないけど、歌をなぞって

高校のころ一番聞いていた歌手は、荒井由美

荒井由美の世界が好きだった。

いつもどこかで荒井由美のメロディーが流れていた。

高校の青春の日々のBGMだった。

恋をしたとき

失恋したとき

そこにはいつも荒井由美の歌があった。


恋をして、楽しい日々を過していると、
そのシーンに似合った歌が供にあった。

失恋し涙するときも、それの歌があった。

荒井由美の歌は、その一つ一つに恋の思い出がある。

むしろ荒井由美に世界が好きだから、
歌になぞった、恋をしていたのかもしれない。





他にも想い出の歌はたくさんあります。


歌と想い出が重なるなら
ExD0ABKL.jpg



posted by やんじ at 02:10| 広島 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。