2008年06月29日

理解と支持がなんになるの?

北朝鮮のテロ指定の解除になるみたいですね。

ボロボロの使い物にならないような各施設を破壊したからって、
だからどうしたんでしょうか?

廃墟を破壊してアピールをまともに報道するのも、情けない。


福田総理は、各国に拉致被害の問題を話し、日本の立場を話し、
理解と支持を得たと、
だからアメリカ大統領の有終の美を飾るためだけに結論を急ぐ、
テロ指定の解除もやもえないと。

ブッシュも気に掛けている?

だからどうしたの????


理解と支持が、外交でどんな意味があるのだろうか?
社交辞令でしかないのでは?

日本の立場と考え方には、理解し支持します・・・・・・・が



でも、私たちは自国の立場で行動します。
でも、日本の拉致被害者は可哀そうだけど、自国が核攻撃されないのを優先します。
でも、核は自国だけが保有すべきで、他国が保有しないですむ方法を優先します。
でも、でも、でも・・・・・・


本当の外国は、相手国の実質的な行動を約束させて価値があるのではないだろうか?


日本の立場や行動を理解し支持します。
そして日本に協力します。支援します。


アメリカが六カ国協議や、核の問題で、テロの指定を解除するならそうすればいい。
でも、日本は国として従う必要も無く、核問題より最優先されるのは拉致被害者の生命であると思う。


北朝鮮が核を使うことってあるのだろうか?
あの指導者は、使うことにより自分の立場が失われるのに、使うだろうか?
軍人が暴走して使うだろうか?


日本は、日米安保条約があるのだから、
日本の領土を侵犯して日本人を拉致したのは、北朝鮮軍なのだから、
アメリカに強くいう義務も権利もあると思う。

日本人が他国の軍隊に、生命を奪われ命の危機にあるのに、
なんら行動しないのなら、
年間何千億円と支払っている子飼いの外国の軍隊の存在理由はないだろう。

軍事力という暴力で、日本からみかじめ料をとっているだけではないだろうか?



アメリカがなんと言おうと、拉致被害に対しての実質的な行動をアメリカがしないのなら、
「だからどうしたの?」とくらい言えばいい。

アメリカに北朝鮮に言わせればいい。
テロ指定は、核問題で解除をするけれど、
拉致被害の問題は、日米安保があるから、アメリカは日本の要請があればすぐに行動する準備はできていると。

それぐらいいわせることのできない、
日本政府と外務省は、日本はアメリカの従国の立場でしかないと思っていのだろう。

国民の命を最優先すべきであるが、今の政府や行政は、
国内では福祉で、国外では外交でないがしろにしているのではないだろうか?



posted by やんじ at 21:24| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101822453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。