2006年12月26日

ネガティブから

マスナガさんの記事から。http://www.msng.info/archives/2006/12/post_355.php

ブログとかmixi日記に、ネガティブな発言を繰り返す人が、幸福になれるか?って、話題があります。

他人に対して、自分が正しいということを前提にして、批判するのが愚痴になるんだろうか?

自分自身のことを、自分の中で消化できなくって、自分を批判しているのはどうなんだろうか?

言い訳ばかりは・・・・・

確かにそれらはネガティブなことばかりです。

ブログの使い方は、ひとそれぞれ。

情報発信、自分の気持ちの整理、感謝の気持ちをみなに伝えたい。

ほぼ毎日更新している人は、自分や家庭等の歴史を綴っていると思います。
自分史を作っているのでしょう。
だから、愚痴もあれば、自己批判もあり、また過去の出来事もあります。
そして自分史だから、過去も現代も未来さえリンクしていきます。

愚痴にしろ自己批判にしろ言い訳にしろ、
そのあとに、自分で回答を導き出し、一歩踏み出してさえいれば、
それはポジティブに変わると思います。
そうなれば、未来は明るいものになるでしょう。

自分でなかなか回答が見つけられなくても、他の人の心のこもったコメントで、その回答に気付く人もいるでしょう。

だから、どんなことを書こうとも、その人が前を向いて、上を向いてさえいれば、どんなに遠回りしても良い結果になると信じています。
幸福感は、人それぞれです。


話は違うかも知れませんが、一番嫌いな人種は、
他人の記事に批判的なコメントを書きながら、自分の所在を隠している人です。(心のこもったコメントを書く人はそれでもいいです)
それもたんなりる批判だけで、自分の考えを示さない人は、特にです。

ネットは誰に見られても良いし、全ては自己責任ですから。
でも、そこで何らかの行動(コメント)するなら、自己責任を義務として、
同じ土俵でいてほしい。
ネットの中に自分の所在を作って、自分の存在を隠さずにいて欲しいです。
たとえバーチャルでもいいのです。

そうしないと、どこぞの低俗掲示板になってしまいます。
言いぱなし、書きぱなしでは、どんな立派なことを書こうとも、
それは無責任なことですから。

批判的なコメントを書く人は、そのコメントに必ず責任という重要なものを背負うべきです。
posted by やんじ at 08:13| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。マスナガさんの「それが実は幸福をもたらすものでありますように」のトラバから参りました。
ブログの使い方は人それぞれという考えには、強く同意いたします。
私の居る極小ブログでも、いろいろなブログがありますし、その中には「ネガティブな思いを置くための」ブログもあります。ただ、その人が現実に上手く対応するために必要と思って書くなら、それも一つのスタイルですし、それを許容できるのが「ブログ」というバーチャルな場所のよさかな、と思っています。


あと、コメントについて。
私の所でも、名前をださないままの批判や、中傷コメントを数多く見て参りました。(ブログ暦は半年ですが)それが元でブログを閉めた方々もいます。

自分のコメントには責任を持って欲しい。
強く、そう思います。


長々と、失礼いたしました。



Posted by マナ at 2006年12月27日 03:37
マナさん

コメントありがとうございます。
すべてポジティブで生きれるなら、それは最高のことです。でも、そんな人でも優しい気持ちを持っていなければ、幸せにはなれないと思います。

ほとんどの人は、いろいろな悩みがあるのですから、ブログに書いてそれで悩みが無くなったり、不安な気持ちが少なくなるなら、それでいいと思います。

批判、中傷には、相手にしないのがいいですね。一言書いて、消してしまえばいいですよ。禁止IPアドレスにすればいいし。
そんな人より、良い人の方が多いですよ。
コメントを書かなくてもね。
Posted by やんじ at 2006年12月27日 06:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。