2008年05月30日

心に刺さった言葉

「自分さえ良ければいい」


中学時の先生の言葉

授業中に騒ぐ生徒に、自分勝手なことばかりしている生徒に

「自分さえ良ければいい」




自己主張と独りよがりは、ほとんど一緒のことが多い。

自分の考えや行動を主張するときに
他の人のことを考えているだろうか?

自分の権利だけを主張し、義務は果たしているのだろうか?


政治家は、政治家の主張を
行政は、行政の主張を
個人は、個人の主張を

いかにも、自分だけでなくすべてに対して正しいかのように主張する。

本当にそれしかないのだろうか?

「自分さえ良ければいい」となってはいないだろうか?






posted by やんじ at 20:02| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

三浦岬は見えないけど、歌をなぞって

高校のころ一番聞いていた歌手は、荒井由美

荒井由美の世界が好きだった。

いつもどこかで荒井由美のメロディーが流れていた。

高校の青春の日々のBGMだった。

恋をしたとき

失恋したとき

そこにはいつも荒井由美の歌があった。


恋をして、楽しい日々を過していると、
そのシーンに似合った歌が供にあった。

失恋し涙するときも、それの歌があった。

荒井由美の歌は、その一つ一つに恋の思い出がある。

むしろ荒井由美に世界が好きだから、
歌になぞった、恋をしていたのかもしれない。





他にも想い出の歌はたくさんあります。


歌と想い出が重なるなら
ExD0ABKL.jpg



posted by やんじ at 02:10| 広島 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

栗の香りは、秋の味

コーヒードリッパーの中のコーヒーの粉にお湯を注ぐと、

お湯を含んで大きく盛り上がった珈琲から、
マロンの香りが漂います。


CA340603.jpg

  「フレーバーコーヒー マロン 」


温かいうちは、マロンの匂いがはな奥のほうで香ります。
少し冷えてくると、口の中にマロンの味が広がっていきます。

珈琲を淹れるときから、飲み干すまで、
少しずつ変化するマロンの香りを楽しめるコーヒーです。

飲んでみたいと思われる人は、
こちらです↓
   http://www.fukagawacoffee.com/R-marron.htm


この珈琲屋さん知っているよ!飲んでみたいと思われたら
ExD0ABKL.jpg

posted by やんじ at 23:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

○●●?・・・・・・・・・

世界遺産の番組を見ながら、ふと思う。

世界遺産に登録されるのは、
遺産だから、歴史的な構造物と太古の昔からあり続ける自然の形状。

どちらも、必然的に風化していく。

自然の形状を残す方法は、開発をしない程度なんでしょうね。

でも、構造物は色々な技術を使って保存していくのでしょうね。

で、私は、ふと思う。

人の生み出した技術はどうなんだろうと。

歴史的な構造物を作った技術。

それを保存する努力は、世界遺産のテーマではないのだろうか?
もしかしたら、それも含まれているは知らない。
もし、含まれているのならTV放映されているのだろうな?

日本で言う、「匠」。  「マイスター」

宮大工や船大工の伝承者の存続。

外国でも色々な、先祖から引き継がれている工芸品もあるだろう。
その技術。

もしかしたら、これらはそれぞれの国の事情であって、世界的には関係ないのかもしれない。

ならば、自然の世界遺産以外で、
外国に行かないのであれば、外国の世界遺産もその国の事情かもしれない。

優秀な技術も、世界遺産にすべきじゃないのかと思ってしまった。




遺産にするには笑われるかもしれない、
個人の技能も資格という形で評価される。

仕事力を考えるときに、その資格がその人の評価になる。

年を重ねて、色々な経験を積むと、
資格はなくても、その仕事をこなせる。
また、未経験でもその仕事をすることができる。

仕事力は、多くの経験と対応力があって評価されてもいいと思うが、
初対面の人の評価は、資格が重要なんでしょうね。

未経験の仕事でも、何とかできると思っても、
資格と狭義の経験でしか、評価する方法はないのかもしれない。

しかしながら、資格と経験を重視している求人さえ、評価額は低い。

posted by やんじ at 22:14| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

やっつぱりバカだ

自分の想いとはまったく別の行動をしている。
というか発言をしている。
そう断ってしまった。




先日読んだ本は、その日のうちに読み終えました。
美味しい珈琲を飲みながらだと、集中して読んでしまいました。

大きくはない広告代理店に勤める主人公。
会社での派閥争い。

学生の頃、彼女を交通事故で突然失った。
自分の心の整理が出来なのであろう、未だに受け止めきれていない。

失ってしまったものがどのくらい大きかったのか、
未だにわかろうとしていない。
だから、女性を愛せないでいるのだろう。


続きを読む
posted by やんじ at 23:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

季節はかわっていきます

ベランダから空を眺めています。
夕日にさえ、季節の移ろいを感じます。

CA340510.jpg

CA340511.jpg

夕日を眺めながら、歌うのは、「遠き山に日は落ちて」です。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/tooki_yamani_hiwa_ochite.htm
暑い日が続きますが、
嫌な事件も続きます。

そんな事件が多いのは、モラルの低下でしょうか?

我家の傍には、大きめの公園があります。
夏になると、夜は花火をしています。

家族連れや若い人達と色々です。

その後は、ほとんど花火のゴミが残っています。
先日も大勢の子供とその親たち。
公園の芝は焼け、花火のゴミも持ち帰りもしない。

そんな親を見て育った子供たちに、モラルという言葉は持たないでしょう。

この公園は、犬の散歩も多いです。
我家のしんちゃんも散歩します。
当然、ウンチは持って帰ります。

大型犬、中型犬、小型犬と色々な犬を散歩させています。

ウンチの処理をしないのは、血統書つきの小型犬が多いです。
ここ以外でも、街中には小型犬のちいさなウンチが転がっています。

全てではないです、この公園ではということです。

ウンチを持って帰らない飼い主は、60代以上の大人です。

こんな大人に育てられて子供も、そろそろ親になっているでしょう。

モラルのないまま、子育てが引き継がれていきます。

そして、嫌な事件につながるのでしょうか?



お腹は気にかかりますが、どうしても食べたかったから買いました。
270827.jpg

暑いからというわけではないのですが、甘いものが欲しくなります。
もしかしてストレス?

糖分は、脳を活性化させるとか。
今夜は、良い夢がみられるでしょうか。

良い未来を掴みために、脳を活性化します。

posted by やんじ at 20:18| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

できることなら・・・・・・

河野美代子さんのブログにコメントを書いていると、
とても寂しくなり、目頭から溢れ出るものがあります。

河野美代子さんと過せた日々は、
スタッフの皆さんとボランテァの皆さんと過せた日々は、
とても楽しいものでした。
みんなで作り上げた選挙戦。

戦いの後の、皆さんとの別れのとき、
とても寂しく思います。

河野美代子さんの優しい笑顔にあえなくなりました。

こんなときには、虚しい望みであるけれど、
できることならあの笑顔に会いたい。
忘れることのできない、あの笑顔に。
posted by やんじ at 01:51| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

なんともいえない気持ち

とても、厳しい日々でしたが、
それ以上に楽しい日々でした。

今は、何も無く、糸の切れた凧のような状態です。

やり遂げたと言う気持ちと、
残念に思う気持ち。

選挙期間中の思い出は、時々記事にします。

今は、ただ寂しい気持ちです。

こんなときには、「ふれあい」を口ずさんでしまう。
http://bunbun.boo.jp/sub4_index.htm

とても逢いたい人がいる。
posted by やんじ at 09:15| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

不思議な夢を

今日は、最後の休養日ということで、朝はのんびりの予定でした。
不思議な夢を見たかたら、早くに目が覚めました。(オヤジだからじゃありません)

病弱に横たわる女性。
やっと探しあてたと思う感情が心の中に広がっている。
やせ細った顔ではあるが、その目は昔のままだった。
でも目には力が無く、ただ私を見つめるだけだった。

そばにはヨコシマのTシャツを着た、幼少の男の子がいる。
悲しそうな、寂しそうな表情をしていた。
細面のその顔は、不安そうな目で私を見つめている。

私はやっとみつけたその女性がとても愛おしく思っている。
彼女は何も語らない。

自分で起き上がれそうもない彼女を、そっと抱き起こす。
安堵感に包まれたように、彼女は私に寄りかかっている。
彼女の反対側の私の傍らにも、少年を抱いている。

彼女を見つけたときの部屋は、薄暗く冷たい部屋であったが、
今はまだ弱い光ではあるが暖かく優しい光に包まれている。

私の気持ちの中にも安らかな喜びの気持ちが溢れ出している。
やっと見つけた二人だった。
これから幸せが始まるという気持ちが心の中に広がっている。


どうしてこんな夢をみたのだろうか?
先日の河野美代子さんの講演が、私にこんな夢をみさせたのだろうか?



posted by やんじ at 23:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

魅惑なささやき

梅雨の晴れ間?
今日は天気が良く、絶好のバイク日和です。
明日も天気が良さそうで、YTCのツーリング日。

昔の記事からつながっていると、今頃は美作方面のツーリングしているはずである。

天気が良く暑いけど、バイクで走れば気持ち良い気候です。

車で走っていると、沢山のバイクに会います。

もう一人の私がささやきます。
志も無く、意志が弱く、楽なほうに逃げたがるもう一人の私です。

「今やっていることを、一日ぐらいサボってもいいじゃないの」
「バイクで走ると気持いいよ」
「美味しいものを食べに走っていこうよ」
「みんなで走るツーリング、絶対たのしいよ」
「・・・・・・・・・・・・・・・

そうかもしれない、
でも後悔したくはない。

私の数十倍がんばっている人が、広島のあちらこちらにいらっしゃる。

だから、
誘惑のささやきは、
流れる車窓の景色のように、心にとどくことなく吹き飛んでいった。

明日は、忙しい。

お昼前から東区民文化センターに。

お昼過ぎの2時過ぎごろは、アルパークで街宣です。

お近くの人、アルパークに用がある人、
河野美代子さんのお話を聞きにきませんか?

河野美代子さんの応援に来てくださいませんか?

選ぶ人は、
党じゃない、
会社からの関係じゃない、
組合がらみじゃない、

自分の思いを託すことのできる個人です。
自分の将来を託すことのできる人物です。

だから河野美代子さんを応援します。

多くの人達に支援され応援されています。
でも、組織に比べるとまだまだです。

心でつながった、
気持ちでつながった、
心温まる、いつも笑顔の耐えない後援会事務所。

笑顔でありながら、余裕なんてありません。
まだまだ、だからです。

明日もがんばります。



応援のポチをお願いします。


2007年05月31日

お元気ですか

前略、薫風に揺られ、晩春の少し強くなった日差しを浴びて、
キラキラと美しい緑に葉が生い茂る季節になりました。
街路樹は、活き活きと輝いています。
車で街中を走りながら、心をよぎります。
お元気ですか?

木々の活力にに負けないくらい輝いていたころ、
まだ春だというのに、海の煌きの中で真っ黒に日焼けしていたころ、
あなたと一緒に毎日駆け抜けていたね。
何にでも夢を抱き、海辺に座って話しているだけで楽しかったよ。
どんな話をしたかなんて覚えてはいないけど、夢を語っていたね。
あなたはそのころの夢を覚えていますか?

車でどこにでもいけるようになったころ、、
寒かろうが暑かろうがドライブしたころ、
過ぎ去る景色もほとんど目に入ることなく、
隣に座るあなたと沢山話をしてましたね。
ラジカセから流れる音楽を聴きながら、どこまでも走っていったね。
あなたはいまでもあの歌をうたえますか?

バイトをしてお金に余裕ができたころ、
毎晩ネオンの中を彷徨っていたころ、
水割りを飲みながら、友と語らいながら夜が明けていき、
カウンター越しのあなたの優しいしぐさ癒されたました。
流れる有線の音楽を聴きながら、まだ浅い昔話をしていたね。
あなたは誰とグラスの氷が崩れる音を聞いていますか?

海辺の家でみんなで遊んでお昼寝をしていたとき、
ふと目を開くと、あなたの目と合いました。
そのときから街を歩くときもどこに行くときも一緒でしたね。
広瀬香美の歌を聴きながらあなたとシュプールを描いていましたね。
とても未熟な私では期待に答えることもできなく悲しませたね。
あなたは誰にも負けぬ幸せをつかんでいますか?

あなたと過した時間も交わした言葉も少ないけれど、
あなたのことをたくさんしることもできなかったけど、
あなたの笑顔があなたの優しい一言が、
失いかけた夢も希望もそして人生を取り戻させてくれた。
あなたとの夢を語ることはできなく、あなたと歩むこともできないよ。
お元気ですか?優しい輝きの笑顔でいますか?

体を包み込む薫風が、
活き活きとしたて輝く若葉が、
こころの奥にある大切なものに命を与えます。

たくさんの夢が、たくさんの目標ができました。

わたしの瞳は、煌いているでしょうか?
わたしの笑顔は、輝いているでしょうか?

あなたの心にわたしは活き活きと映ることができるようになったでしょうか?




















posted by やんじ at 01:17| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

光はいつになったら

いつもは、見てみぬふりをしている、ぽっかりと開いた穴

しらぬまに覗いている

見えるものは、辛く、悲しく、苦しいことばかり

夢の中で、覗いてしまっている

辛くって目が覚める

辛いことばががでてくる

どうして?

なぜ?

なにが?

でも答えはいつまでもわからない

自分で自分を責めているのだろう

だからこそ

未だに見つからない

必ずあるだろう

心を解き放つ光が

大切な想いが
大切な気持ちが

封印されたままだから


まだまだ

足らない

もっと、もっと

もがいてみよう


posted by やんじ at 06:38| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

一日の終わりにもちたい、大切な時間

ずいぶん日が長くなりました。
まだ明るいうちに終わったから、夕日を見にいくことにしました。

西に傾いた太陽は、あっという間に西の山に沈んでしまいました。

いつもの海に着いたときは、既に宵闇です。

薄暗くなりつつも西の空はまだほんのりと明るいですね。
宮島の山の左側をかすめて、明るい光が2灯。
飛行機が着陸してきました。

CA340425.jpg


人は誰もいなく
posted by やんじ at 22:27| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

新緑を見ても

なかなかブログの記事が書けません。
訪問しても、コメントが書けない事が多くなりました。

忙しいから?
そうじゃないみたいです。

街中を車で走っていると、新緑が太陽の日差しに照らされてとても綺麗です。

でも、綺麗だなと思いながらも、なんとなく気持ちが冷めています。

どうしたのだろうかなと考えながら車で走っていました。

どうして何も感じないんだろうか?

なんとなく解りました。

感情が溢れる前に、リミッターが働いています。
気持ちが高揚する前に、リミッターが作用します。

だから、何も感じていないようです。

自分の気持ちを押さえすぎているのだろう。
いつの間にか感情を抑えるリミッターができています。
最初は自分で抑えていたけど、今はそうじゃない。
意識しないうちにリミッターは働いている。

もうずいぶんと時間は過ぎたのに・・・・・・・

楽しいことを楽しむこと、
嬉しいことを嬉しく感じること、
悲しいことを悲しむこと、
辛いことを辛く思うこと、

全てにリミッターは働いてます。

時間の長さじゃなく、深さでもなく、
ほんの短い時間でも、すれ違うようなかんじでも、

自分にとって大切に感じたことは、とても重みのあるものになる。
どんなに時間が過ぎ去ろうが、どうにもならない。

でも、リミッターはなくさなければ。
posted by やんじ at 23:27| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

長い夢を見た、何気ない夢を

昨夜は、一晩中夢を見ていたようだ。

見知らぬ男性一人、知り合いの男性一人、
心の奥にいる女性一人、そして私。

4人でカードゲームをしている。
何気ない会話をしながら、ゲームをしているだけ。

誰もが友達と集まってゲームをしているのと同じこと。
特別なことも無く、ただゲームをしているだけ。

普通の表情で、時には笑い、時には真剣になりながら、
ゲームをしている。

普通と少し違うのは、私は何かを抑えていること。
大切なことを押さえている。
自分の気持ちに知らぬ顔で、普通にゲームをしている。

そしてゲームは終わりに近づき、帰る算段をしながら、

目が覚めたら、もう朝だった。

もうすぐ、人生の岐路がやってくるからだろうか?
新たなことを始めようとしているからだろうか?
疲れているからだろうか?

だから、
気持ちが溢れることなく、
笑顔を思い出している夢をみたのだろうか?
posted by やんじ at 06:57| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | ふとした想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。